負のボーナスで転職を再決意

冬のボーナスで転職を再決意しました

ボーナスが支給されました!
実質これが初めてのボーナスなので、
「どのくらいかな?」という淡い期待がありました
夏は寸志で10万でした。

 

 

 

賞与の明細が手渡されました。
中身を見てみると“27万円”でした。
(年金や保険を差し引くと、残りは20万くらいです)

 

 

 

つまり基本給の約1.5カ月・・・・・
少ない・・少なすぎる!!
月々の給与が少ない上にボーナスもこれじゃあ。。。。

 

 

 

ネットを見ると冬のボーナスの平均は約72万でした。
もちろんリサーチ対象は大手企業ばかりです。
(一応今の会社も大手なんですけどね)

 

 

それと比較するのは間違いかもしれませんが、
この歴然とした差にショックを受けました

 

 

 

社内の平均支給額は60万です(夏より約10万up↑)
比率だけで見ると、私の支給額は前回の270%アップです。
すごいように思えますが、
そもそも比較する数字がショボイです。

 

 

 

でもよくよく考えてみると、
前回一番平均値を下げていた自分達が約17万アップ。
それにも関らず、平均10万円しかアップしていません。
と言う事は先輩や上司は、夏とほぼ同額である可能性が高いです。

 

 

 

 

賞与は、企業の業績に応じて支給されます。
つまり、業績はあまり良くなかった・・・と言うことですね。
今のところ2年連続で前年割れです。
ボーナスは基本的に企業の業績によって支給されるものなので、
企業に支払い義務はないことが調べて分かりました。

 

 

 

 

ボーナスがある前提で生活せざるをえないのに、
支払われなかったらストライキを起こしそうだと思いました。
事務所で伝票処理をしている時に、携帯に着信がありました。
見てみると同期からでした。

 

 

 

私:「どうかした?」
同期:「ボーナスいくらだった?」
私:「27万」
同期:「一緒か。やっぱりダメだなこの会社は。悪いまた電話する」
そう言って電話が切れました。

 

 

 

「ボーナスの支給額を確認したかっただけ?」
その時は、分からずじまいでした。
後になって分かりましたが、同期もこのボーナス支給額を知って、
必ず転職する!と再度決意したようでした

 

 

 

その夜、同期からまた電話がかかってきました。
内容としては「今どういう業界に興味がある」とか、
「転職サイトのレジュメ機能を上手く活用している」等でした。
それ以外にもエージェントを利用したほうが転職できる確率が高い
と言っていました。

 

 

 

中でもtypeは20代利用者も多く、良いと言っていました。
ただ、マイナビやリクルートエージェントなども検討中らしく、
「分かったらまた連絡する」と言って、その話題は終わりました。
エージェントの登録はまだやっていないようでしたが、
遅かれ早かれ使いそうな口調でした

 

 

 

 

転職エージェントか。
電車の広告やネットのバナーで見た記憶はありましたが、
あまり実態として良く分かっていませんでした。

 

 

気になったのですが、調べるのはやめました。
電話し終えたのが11時半くらいだったので、
今から調べると明日起きれません。

 

 

 

ただ、そうはいっても気になったので、
翌日仕事から帰ってから、調べてみようと思いました。

 

 

 

==> 転職エージェントについて調べてみましたの記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加