転職サイトに登録が完成しました

ようやく転職サイトの登録が完成しました

転職サイトに登録して、すでに半年以上が経過しました。
実は、すべてを登録出来ていませんでした。
何故かというと、途中でやる気を無くして放置していたのと
自己分析の大切さを知り、その完成に注力していたからです。

 

 

 

 

“自己PR”“キャリアプラン”
この2点がやはりとても悩みました。
入社して半年=“社会人歴が半年”なので、
どのように書けば良いのか、なかなか思い浮かびませんでした。

 

 

ただ、嘘を書いても仕方ないので、この半年を振り返り、
仕事内容・仕事をする上で感じたこと・今後のプランを書きました。
ようやく必要事項を埋めることが出来ました。

 

 

 

 

自己PR・キャリアプラン・職歴などは
後から少しずつ上書きしていました。
最初に何を書いたのかは覚えていませんが、
相当拙い内容だったのは間違いありません(笑)

 

 

 

ただ、記載出来たことで少し成長した自分がいるような気がして、
嬉しい気持ちになりました。
まだ全然目に見えた進捗はなく、自己満足に過ぎませんが、
ようやく形になったので嬉しかったです。

 

 

 

仲の良い同期は千葉の営業所に配属になっていたので、
土日しか連絡を取っていませんでした。
たまに東京に集合して、お互いの近況や転職の情報交換をしていました。

 

 

 

 

同期:「で、最近どう?転職上手く行ってる?」
私:「いや、まったく。ようやく転職サイトの登録内容を全部埋めたところ」
同期:「おれはオファーを狙ってるけど、なかなか良いところがなくてね」
私:「オファー?何それ?何か別のサイトに登録してるの?」

 

 

同期:「リクナビNEXTにある機能。“レジュメを公開する”を選択すると
求人を出している企業から、直接メールが来る
おれもまだ来たこと無いけど、設定しておいた方が良いぞ」
私:「へ〜そんな機能がね。分かった。やってみる。」

 

 

 

同期は私より一歩先を歩いています。
この時も新しい情報を教えてもらいました。
レジュメを公開するとスカウトメールが来ることが分かりました。
そして、会話は今の仕事について、

 

 

 

同期:「ところで、営業どう?楽しい?」
私:「いや、全然。早く辞めたい。お前は?」
同期:「おれも。ただこのまま転職しても良い会社に行けない可能性が高いから、
実績作って、PR出来るようになった方が良いって最近考えてる」

 

 

私:「おれもそれは思った!」
同期:「ただ、おれらの経験値だと先輩達と競争して1番を目指すのは難しいから、
同期の中で売上No1・訪問回数No1・粗利率No1とかミクロの視点にフォーカス
しないとかなり厳しいな」
私:「えっ何それ?どういう意味?」

 

 

 

 

同期:「企業に自分をPRするポイントって意味」
私:「いや、良く分からない」
同期:「職務経歴書や自己PRの内容は自分が設定した数値内で勝負すれば良いってこと。
例えば、営業所内で先輩営業と売上高を競ったとして勝てると思うか?」
私:「いや、無理。」

 

 

 

同期:「じゃあ、同期と比較して2011年10月時点の売上No1ならどう?」
さっきよりも難易度が下がったと思わない?
私:「確かに。最初は1/234人の計算だったのに、今は、1/11人に減ってる。」
同期:「そう、しかも今営業に出ているのは、おれとお前と後4人しかいない」
私:「えっ!そうなの?その情報はどこから?」
同期:「本社のヤス(同期:人事部)に頼んで教えてもらった」

 

 

 

同期は変わった奴ですが、
人づきあいが上手で目標に最短距離で進んでいくタイプです。
私が知らない間に着実に転職活動を進めているようでした。
それにしても人事の同期から、こういう情報を教えてもらえるなんて、
どこで知ったのやら・・・

 

 

 

 

私:「何故この会社に入ったの?もっと良い会社に行けたと思うけど。」
同期:「まぁな。ここでNo1になるのも悪くないと思って入ったけど、
予想していた以上にココはキツイ。生涯賃金が低い

 

 

先週二次会で所長にチラっと年収を聞いてみたけど、
600万しかもらってないことが分かった。ここはない。
所長クラスで600万だとしたら、部長・役員も多寡が知れてる
私:「えらく現実的な考え方だな。でも何か分かるかも」

 

 

 

 

転職の話はお互いにまだまだ発展途上でしたが、
自己PRや職務経歴書に対する考え方のヒントが分かりました
そして、一つ新たに分かったことがありました。
彼は1つの転職サイトだけではなく、複数のサイトに登録していました。
理由を聞いてみると「なるほど」と納得出来ました。

 

 

 

==> 転職サイトは複数登録したほうが良いの記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加