第二新卒は転職しやすい

第二新卒は転職しやすい

前回の「転職時期を考えました」で少し書きましたが、
第二新卒(20代前半者)は転職しやすいです!!
これを知った時はとても嬉しくなりました!

 

 

 

同期もこのことは分かっていたようで、
来年中には必ず転職する!と息巻いていました。
これまでの彼の情報収集力や行動力を考えると、
本当にそうなるだろうなと思いました。

 

 

 

彼の希望は商社で、扱う商材は何でも構わないと言っていました。
ただ「鉄鋼・石炭・石油・機械」を扱いたいと言っていたので、
比較的大手を狙っている感じでした。
秋採用を目途に動いているそうです。

 

 

 

私はしっかり業界・企業研究しようと思っています。
自分の希望に合う環境で働けるのが一番です。

 

 

 

どうして第二新卒は転職しやすいのか?
その理由が気になったので、調べてみました。

有る程度社会人マナーが身についている

前職の価値観にあまり染まっておらず柔軟性がある

短期間で戦力になる

 

 

 

等の理由が上げられます。
第二新卒者が積極的に採用されるようになった背景には、
経済的要因も関係しています。
長引く不況のせいで、
お金と時間をかけて新人を育てる余裕がありません。

 

 

 

私が入社した会社も新人教育として1ヶ月半研修していたので、
相当な費用が掛かっていました。
当時はまったく考えたこともなかったのですが、
それだけ一人ひとりに期待して、費用をかけていました。

 

 

 

ただ、残念ながら私のように、
企業風土に合わない人間は転職を考えてしまいます。
自分の人生なので、間違ったことはしていないです。
長時間働くことが素晴らしいとは思えません。
なので、早くここを抜け出したいです(笑)

 

 

 

 

第二新卒が転職に有利なのは分かりました。
ただ”企業が希望する条件を身につけていることが大前提”
ということも分かりました。

 

 

つまり、社会人としての最低限のマナーと柔軟性が有る人。
積極的に自分から考えて行動する人(指示待ちの人は×)。
です。

 

 

 

そうでない場合、企業としては「いらない人材」になります。
その点を分かっていないと、ただの20代前半の転職者として、
早々に前職を辞めた人になってしまいます。
それだけは絶対に避けないとダメです。

 

 

今より更に不利な条件の会社で働くことになるかもしれません。
最悪は、ブラック企業に転職なんてこともあり得ますので、
しっかり準備して転職しようと思いました。

 

 

 

某20代の転職サイトには、“企業が第二新卒に求めるもの”
という記事がありました。
それによると「入社意欲の高さ」「一緒に働ける人材か」
という2点がとても重要になるそうです。
たしかにほとんどのサイトには、第二新卒者に大切なのは、
「やる気です」と書いていました。

 

 

 

本当かどうかはちょっと怪しいところではあるのですが、
今の会社をさよなら出来るなら、やる気満々で頑張ります!
それが自分の人生を切り開く方法なら、必ずやってみせます。

 

 

 

 

==> 20代で転職しない方がよい?の記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加