内定獲得

念願の内定を獲得しました

面接から数時間後に、
エージェントから電話がかかってきました。
誰かに聞かれると不味いので、
事務所を出て公園の方に向かって歩いていきました。

 

 

なんだろう?と思い電話にでてみると、
エージェント:「◆◆さん、おめでとうございます!
◎◎社から内定の連絡が入りました

 

 

私:「えっ?本当ですか?」
エージェント:「はい後で内定連絡と労働通知書をメールします
◆◆さん、◎◎社の優先度はどのくらいですか?
先方に連絡する必要がありますので、
内定を承諾するしないの連絡をお早めにお願いします。
私:「分かりました」

 

 

 

突然のことで正直よく分からなかったのですが、
徐々に嬉しさがこみ上げてきました!
そして、エージェントからのメールを確認した時に、
気持ちはMaxになりました

 

 

 

思わずその場で同期に電話をしました。
あいにく不通でしたが、その後折り返しがあり
同期に内定をGET出来たことを伝えました。

 

 

 

 

彼からは、給与は?労働時間は?勤務場所は?
という質問が来ました。
すごく突っ込んで聞いてくるな。
「自分と比較するつもり?」とその時感じました。

 

 

本当に自分の希望に合う会社かどうかを冷静に判断したほうがよい
という事を彼は言ってきました。

 

 

 

一緒に喜んでくれると思ったのですが、少し興醒めしました・・
ただ、話を聞いているうちに質問の背景が良く分かりました。
彼自身望んでいた環境に転職したのですが、
最初の半年は必死になって働きました。

 

 

 

それは他の同年代社と比べて業界知識や商品知識において劣るため、
少しでもその差を埋めるために頑張ったそうです。
ようやく今ではある程度気持ちに余裕が出来たそうです。

 

 

 

同期は一から始める大変さを短期間で痛感していました。
自分から積極的に周囲と関係を構築する必要があります。
そういう背景から“私が安易に転職を決めようとしている”
と思い確認したようでした。

 

 

私自身は、転職をそこまで深く考えていなかっただけに、
この意図を知り、嬉しく思いました。

 

 

 

私:「ありがとう。大丈夫。
真剣に考え抜いた結果の第一志望の会社だから」
同期:「そうか、なら良いんだけどな。
最初が肝心だからな!頑張れよ!」
私:「分かった。色々ありがとう。また連絡するから。」

 

 

 

エージェントからは「返答は早めに」と言われていましたが、
「内定承諾」以外の選択肢はないです。
第二志望の面接が残っていますが、
第一志望に内定したので気持ちはもう終了です。
今回の転職は、本当に自分が主体的になって獲得したものなので、
嬉しさが違います。

 

 

 

 

エージェントに早速「内定を承諾します」と返信しました。
すると翌日には「退職までのアクションプラン」というPDF書類が
メールで添付で送られてきました。
その後、エージェントと電話で話したのですが、
退職交渉の進め方や転職先で必要な書類などを説明してくれました。

 

 

 

タイミング的にはすぐに上司に退職する意思を伝えた方が良い
と言う事が分かりました。
また◆◆さんは、内定を獲得したので、
“他のエージェントに断わりの連絡を入れるのを忘れないでくださいね”
と注意されました。

 

 

 

 

その日は興奮していて中々寝付けませんでした。
ただ、あと1~2ヶ月でこの環境を脱出できると分かったので、
寝不足も苦になりません!
転職後は、業界知識を身につけて営業スキルをアップさせたいです。

 

 

そして、ゆくゆくは海外赴任したいです。
その日は、マニュアルを熟読しました。
明日早速上司に退職の意思を伝えます!

 

 

 

==> 上司に退職の意思を伝えましたの記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加