新人の入社

新人が入ってきました

転職活動を開始して1年が経過しました。
業界知識・企業を選ぶ基準・働く上で自分が大切にしていること
これらが1年前と比べてレベルアップしています。
「0」→「3」くらいになった感じです。

 

 

 

ただ企業に応募・先輩社員に話を聞くと言った、
具体的なアクションは取れていません
転職サイトのレジュメに自己PRとキャリアプランを記載して、
企業から来るスカウトメールを待っているくらいです。

 

 

 

このスカウト機能を使ってからあることが分かりました。
それは「思わぬ企業からメールが来る」ことです。
他業界の私でも知っている有名企業からです。

 

 

ただ、面接に行きたいと思いません。
確実に不特定多数者に送っているようなメールであり、
仕事の内容もおそらく相当ハードだと想像できます

 

 

 

 

 

今の仕事の話をすると、5月の後半に新人が入ってきました。
あまり従業員の多くない会社なので、
まさか1年後に後輩が出来るとは思っていませんでした。

 

 

「自分が転職活動に忙しいのに、後輩の面倒なんて見てられない」
そう思っていました
ただ、意外と教えることで自分も成長していると気付き付きました

 

 

 

 

何と言うか、1年前の右も左も分からない自分がそこにいて、
彼と今の自分を比較すると出来ることが増えている!成長している!
そう感じました。

 

 

今までは比べる対象が先輩のみで、
自分を客観的に見ることは難しかったです。
ただ、こうして身近な比較対象が出来ると、
ある程度自分も成長していることが分かって嬉しくなりました。

 

 

 

 

転職活動を行う上で、自分の能力が客観的に見えていませんでした。
周囲は20代後半〜40代の先輩社員ばかりで、
彼らは当然一通りのことが出来ます。
彼らと比較すると、自分はまだまだレベルが低い
としか感じませんでした。

 

 

ただ、いざこうして後輩が出来ると、
1年前と比較して自分が出来ることが増えていると分かりました。

 

 

 

 

社会人だったら出来て当たり前だと思っているようなことも
新人は出来ていなかったりします。
電話の応対・メモの残し方・エクセルやワードの使い方等々。
私も最初は出来ていなったのですが、
いつの間にか出来ているのでそういう感覚を忘れていました。

 

 

 

1年間やって社会人としてのスキルが身についていると感じました。
20代前半で転職を考えているので、最低限の社会人マナーと
ビジネススキルは身につけたいと思っていました。
そして、ある程度身についている事が分かったので、少し励みになりました。

 

 

 

あと私が転職活動を続けていく上で大切だと思った事があります。
それは、いくら疲れていると言っても、
毎日5分でも10分でも良いので続けることです。
続けないと気持ちが途切れます。

 

 

 

1日サボっただけで、次の日作業する気が起きません。
モチベーションが下がります。
毎日少しずつ積み重ねることで、効果が出てくるのです。
嫌々やると続かないので習慣として身につけようと思いました

 

 

 

 

後輩が出来たことは、自分の時間を割くことになります。
いつもより帰宅時間が遅くなるデメリットもありますが、
結果的には良いことだと思いました。
おれは転職するけどな・・・

 

 

心の中で思いましたが、そういう話は一切しません。
酒の席などでポロっと言われたら大変なので。

 

 

 

 

==> 会社を辞めて転職活動しようか迷っていますの記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加