春採用を目標に転職

春採用を目標に転職活動

同期が成功したことで「負けけてられない!」という気持ちと
「置いて行かれた寂しさ」を感じています。
彼は自分よりも2歩も3歩も先に進んでいたので、

 

 

 

当然と言えば当然の結果ですが、負けてられません。
「転職したい」という気持ちがまた自分の中で強くなってきました。
そしてやろうと思えば出来る!ことを同期が証明してくれました

 

 

 

 

本音を言えば、このまま転職なんて出来ないかもしれない・・・
そういう暗い気持ちがどこかにありました。
毎日が不満で抜け出したくて堪らないのに、
やる気が出ずに、ただ漫然と日々を過ごしていたこともあります。

 

 

 

日曜日なのに、部屋で一人でこもってネット検索をしていたり、
昼過ぎまで寝て、特に何も記憶に残らない時間を過ごしたり・・・
暗いです。気持ちが落ち込みます。
ただ、彼が転職出来たことで自分にもチャンスがあると感じました。

 

 

 

エージェントか。
彼のスピード感を目の当たりにすると、
エージェントを使えば自分もすぐに転職できるかもしれない
そういう期待が湧いてきました。

 

 

ただし、3か月が上限なので、タイミングが重要です。
もう年末間近なので年末年始の連休が明けた1月中旬以降から
使ってみようと思いました

 

 

 

 

マイナビエージェント・@type・JACこの3つだったかな。
あと個人的には、リクルートエージェントも気になったので、
調べてみようと思いました。
エージェントによっては非公開求人数も異なりますが、
会社によって営業色が異なります。

 

 

 

そのため“人間的に合わないエージェントに当たる可能性”があるようです。
人間なので、好き嫌いはあると思うのですが、
合わないエージェントに当たった場合は最悪です。

 

 

 

 

ただでさえ不安な気持ちが強く、嫌な気持ちを抱えているのに、
人間関係というストレスを新たに抱えるのは、本当に勘弁です
ストレスは、低賃金と長時間労働だけで十分です(笑)
この会社は幸いにも嫌な人が少ないので、人間関係は良いです。

 

 

他人の足を引っ張っることはなく、
みんな諦めにも似た気持ちで一緒にいる仲間のような感じです。
ただしここに居続けると自分も同じようになる気がしました。

 

 

 

 

以前読んだ本に“人間は環境に支配される”と書いていました。
どれだけ自分の理想があり、それを目指して進んだとしても、
環境が知らず知らずのうちに、自分の性質や方向性を決めるそうです。
周囲の人間や会社自体が放つ思想や方針が、同じような人間を作っていくようです。
「社風に合う合わない」はここから来ている気がします。

 

 

 

つまりは、ここにいると今の先輩や上司みたいになるということです。
それは、絶対に嫌です。
奴隷です。
社畜です。
死んでいるのと変わりません。

 

 

 

 

 

この言葉を知った後、事務所を見回してみて「なるほどな」
と納得する自分がいました。
30代後半以降の先輩は、みんな諦めの境地で過ごしている気がしました。

 

転職なんて考えていないし、出来るだけ楽して毎日を過ごそう。
そんな雰囲気が感じられました。

 

・・・春採用を目途に頑張ろう!
ひそかに誓いました。

 

 

 

後輩には申し訳ないですが自分の人生は自分で決めます
惰性に流されて、無駄に過ごすのはもうコリゴリです。

 

 

 

 

==> 転職エージェント登録とその方法の記事に進む

 

==> 20代の転職のTOPページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加